最近の嵐山はこんな感じです

TLPの日常

こんばんは!瀬野です。
久しぶりに嵐山に行きました~

2020/07/16 9:30現在・・・

今日はお休みをいただいておりまして、久しぶりのパン教室でした。私が通うパン教室は京都嵐山にあります。新型コロナウイルスの影響でパン教室も休講となっていましたが、7月から再開。待ちに待ったパン教室のレッスン日でした。会社・自宅・スーパーと限られた行動しかしてなかった私としては楽しみで仕方なかったレッスン日でした!

大好きなクリームチーズとクルミが入ったパヴェです。

こちらのパン教室に通い出して、早5年。いつも土日祝にレッスンを受けていました。JR嵯峨嵐山駅から渡月橋を渡り、阪急嵐山駅近くまで歩いて通っていました。徒歩で約25分。春と秋はそれはそれは観光客で渡月橋が大混雑。一番混んでいる時は、歩道が一方通行になり、歩道と車道に柵が設けられ、人が溢れかえっている状態になっていました。その光景しかしらない私には、今の風景が異次元です。

阪急嵐山駅。平日9:30現在。
地元の方っぽい、お一人見かけるだけ・・・

ここでは外国人の方がよく写真撮影をされていましたが、誰もいません。

嵐山駅から嵐山公園へ。9:30ということで、お店はまだ開店時間ではないのですが、誰もいない。

人がいないのは一画だけではありません・・・

こんな嵐山を見たのは初めてです!早朝でもないのですが・・・2020/07/16 9:30です。
目にするのは鳩とおじさんお一人です・・・

連日の大雨で増水中の保津川。対岸にはお土産さんなど、いつもなら人がたくさん歩いているんですが・・・車通りも少なく・・・

 

こんなに人のいない嵐山は初めてでとても驚きましたが、その反面、こんなすばらしい風景を独り占めできた優越感もちょっと味わえました。連日の大雨で、今日と明日ぐらいしか晴れ間が見れない日に、超観光地の独り占め。この風景を中学生の時から頻繁に見ていますが、「ザ・京都」の誇りのように思えます。テレビでもよく見る光景。その風景が自分一人だけにあるように思えるって、すごい優越感です!

観光地と言えども、住宅もたくさんあって近くの人にとっては素晴らしいお散歩コースです。

緊急事態宣言が解除となり、人の動きが広範囲になり、また感染者数が増えている現在、このままでいいのか?それとも・・・と私だけでなく皆さんがいろいろ思う今日この頃です。

遠くの観光地も憧れですが、こういう機会を利用して地元の素晴らしさを再確認するいい機会なのかもしれません。「人がたくさんいるから・・・」と敬遠をしていた場所の様子を再確認して、素晴らしさを伝えられたらな~と静かな嵐山をぷらり~として思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました