2019年秋のエジンバラとニューカッスル

お客様からの声

こんにちは。安達です。
今日はお客様よりいただいた写真をご紹介したいと思います。

A様K様が2019年9月のご出張の際に立ち寄られたエジンバラの様子です。
まずはエジンバラ城です。

皆様は「マクベス」(シェイクスピアの戯曲)はご存じですか?実在のスコットランドの王マクベスをモデルにしているそうですが、実際のマクベス王は戯曲に見るような暴君ではなかったそうです。私は「未必のマクベス」という小説を通してマクベスの戯曲のストーリーを知ったのですが、この写真を見ながら(マクベス王の時代にはまだこの建物はなかったのですが)いろいろ想像を膨らませています。

(「未必のマクベス」とてもおもしろかったです。A様とエジンバラの話をしていてお勧めいただきました(^^♪))

 

こちらは新市街から見上げたエジンバラ城。

 

次はエジンバラの観光地、ロイヤルマイルです。

エジンバラは歴史的建造物が素晴らしい世界遺産の街。この街の旧市街を東西にまっすぐ貫くメインストリートが「ロイヤル・マイル」。西端にはエディンバラ城、東端にはホリールードハウス宮殿が位置し、その間約1マイルの石畳の一本道です。石造りの威厳ある古い家や歴史的建造物が建ち並び、カフェ・レストランやギフトショップ、パブなどが並んでいます。フィッシュ&チップスとスコッチウイスキーもお楽しみいただけたとのお話でした(^^♪

 

ヒュームの像。スコットランドの偉大な哲学者。

ウィキペデイアでどんな人だったのか少し読んでみましたが・・・私には難しすぎました。

 

エディンバラからニューカッスルへの移動の際の車窓の風景。

列車で2時間半ほどの移動の途中、ベルウィック アポン ツイードの街並み。向こう側に海が見えますね。

 

今回のA様K様の目的はニューカッスルでの会議への参加でした。こちらはニューカッスル大学の写真です。

 

市の正式名称はニューカッスル・アポン・タイン。市内を流れるタイン川にかかる7つの橋は観光名所になっているそうです。「独特の形状のアーチ橋」”ゲーツヘッドミレニアムブリッジ”から西側に見える”タインブリッジ”ですね。この夕景、うっとりしてしまいます。
綺麗な街で食事も中華以外はOKでした、とのお話でした。結構しっかりした感じの中華料理屋さんで坦々麺を頼まれたのですが、ひどかったそうです。ニューカッスルへお出かけの皆様、中華のおいしいお店を見つけたら是非教えてくださいね~

 

A様、お忙しいなかお写真とご感想をいただきありがとうございました。つたない文章でのご紹介になってしまいましたが、またいろいろ教えていただけますととても嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました