日々粛々と

TLPの日常

三連休、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

ちょうど2週間ほど前の新聞のコラムで、新型コロナウィルスの社会の反応について、「『未知』と『無知』がイコールで手を結ぶ時、『恐怖』となる」と書かれていました。連日コロナ、コロナ、コロナのニュースばかりに、少々疲れてきていた私には、ストンと落ちるところもありました。世界各地でアジア系の人々に対する差別的な行為が報道されたり、不安が大衆をパニック買いへ走らせたり…。地球規模で起きている未知の出来事が人々へ襲いかかり、対応策が暗中模索であるために、恐怖感が増しているのでしょうね。

漠然と恐怖感に襲われていても仕方ないと思い直し、一呼吸。私個人にできることなんてしれていて、一重に家族と自分自身の予防に努めることしかないな、と。そして娘たちに、不要な恐怖を伝えるのではなく、まずきちんと自分たちができること(手洗い、うがいに、不要な人混みへの外出は控える等)に努める、ということを再確認しました。

 宝ヶ池公園で深呼吸

そしてこの三連休、もちろんのんびり過ごすことになりましたが、少しは外の空気で深呼吸を、と近所の公園を朝から束の間散歩をしてきました。京都では一番大きな会議施設、国立京都国際会館のすぐ裏手に、宝ヶ池公園があります。池の周りに、散歩道があり、たくさんの木々に囲まれ、空気もきれいです。三連休初日の朝一番に行ったので、一段と空気がきれいで、深呼吸して、すっきりです。

娘たちと一緒に朝ごはんのサンドイッチをほお張ったり、
池の周りを散歩したり、ボートに乗ったり…。
池には、オシドリが来ていました!カモたちはよく見ますが、オシドリにはこの日初めて遭遇。亀も、春で目を覚ましたのか、気持ちよさそうに甲羅干しの真っ最中。ソメイヨシノはまだですが、山桜はちらほら。帰り道、家のそばの川沿いでは、ソメイヨシノのつぼみが膨らみ始め、菜の花も咲いていました。芽吹きは、パワーを感じます。

後はひたすら家で各々したいことを…。下の娘は、レゴで遊んだり、家の前でストライダーの練習したり。上の娘は、3月頭からずーっと自宅待機なので、自分の部屋を快適にするために、学習机を自分好みに塗りなおす!、とペンキ塗りに挑戦。多少のムラも味!、とより一層愛着が持てたようで、何より。家で過ごさないといけない子どもたちにとって、少しでも楽しく過ごしてもらいたいです。

まだまだ予断許さぬ状況ではありますが、ただ恐れるだけでなく、自分たちができることにそれぞれ取り組み続け、油断せずに、日々粛々と過ごしていくことが大切なのかなと思います。私自身は、この世に二人の娘を送り出してしまった以上、この困難を全世界が乗り越え、子どもたちの生きる世界がより明るいものへとなることを願うばかりです。

一日も早く、世界に活気が戻りますように!
そしてまたたくさんのご予約をいただける日がやってきますように!

────────────────

外国人研究者招聘、海外出張、国際会議運営など、高い専門知識をもった担当者がトータルサポート体制でお客様のご要望、ご相談に応じ柔軟且つ迅速に対応させて頂きます。

────────────────

学術・業務渡航のご用命なら
トラベル ラボ パートナーズ

〒604-0875
京都市中京区車屋町通竹屋町上ル砂金町403
田丸産業ビル3階
TEL:075-211-0086 FAX:075-211-0282

────────────────

コメント

タイトルとURLをコピーしました